メンタルケア心理士、メンタルケアカウンセラー、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士資格の全体像

メンタルケア心理士として働くには、資格取得が必要です。
メンタルケアに関する資格は系列があり、全体像はメンタルケア心理士、メンタルケアカウンセラー、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士資格で構成されています。

 

メンタルケア心理専門士を目指す場合は少し足りない部分もありますが、メンタルケア心理士の知識しか持っていない人が、メンタルケア心理専門士を目指す場合は、ワンクッションになる准メンタルケア心理専門士まできちんと学んでおけば、ある程度のレベルまでは知識が身についているので、メンタルケア心理専門士を目指すとしても勉強効率は良くなるでしょう。
自分のスキル磨きをしたい人は、最低でもメンタルケア心理士まで取得しておけばどこでも通用します。

 

↓↓↓初学者向けヒューマンアカデミーのメンタルケア心理士講座↓↓↓

メンタルケア心理士講座

メンタルケア心理士講座教材

メンタルケア心理士講座(カウンセリング実技実践付)はメンタルケア心理士講座とカウンセリング実技実践プログラムのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアWライセンス講座

メンタルケアWライセンス講座教材

メンタルケアWライセンス講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座を追加したセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士総合講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケア心理専門士講座を追加したのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアトリプル講座

メンタルケアトリプル講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座とメンタルケア心理専門士講座を追加した講座です。

≫詳細ページ

↑↑↑無料でメンタルケア心理士の資料が手に入る↑↑↑

 

メンタルケアと名がつく仕事の種類

メンタルケア心理士、メンタルケアカウンセラー、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の4種類の資格があります。
メンタルカウンセラーは4つの中では最も低い資格ですが、メンタルケア心理士はメンタルカウンセラーよりも少し上に位置する資格です。
さらに准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士と続きますので、4つの中ではメンタルケア心理士が一番上の資格になります。

 

メンタルケア心理士になるには4年制の大学に通うという選択肢という方法もありますが、通信講座でも勉強ができ過程を修了すれば受験資格が与えられます。
受講可能な講座はメンタルケア心理士とメンタルケア心理士、メンタルカウンセラーが一般的ですが、中位に位置するメンタルケア心理士と最上級資格と言われている、メンタルケア心理専門士とは試験範囲があまりにも違いがあるため、その中間として准メンタルケア心理専門士が確立されました。
また出来てから日が浅いため、通信講座は解説されていませんが、講座が新しく確認された時に、本気で学んでいれば、メンタルケア心理士よりは少し上の仕事ですから、より豊富な知識を身に付けられます。