メンタルケア心理専門士の難易度は?

メンタルケア心理専門士の難易度は、5段階で2となっていますので、それほど難しくはないでしょう。
メンタル系の資格の中では最上級の資格となります。
試験内容は学科が50問、実技が50問となっており、合格基準は学科が70パーセント以上、実技はAからEランクのうち、AからCランクが合格となります。

 

医師ではなく臨床心理士とも違い、話を聞くだけのカウンセラーとも違うのが、メンタルケア心理専門士です。
心理相談所などを訪れる人の話を聞き、心理的療法をアドバイスする事ができます。
メンタルケア心理専門士の資格を取得していると、心理カウンセラー、臨床心理学心理士、メンタル研究者、科学者などを目指す事もできます。
メンタル系の資格では最上級資格となりますので、社会的信用も得られやすく、他の資格を取得すればスキルアップやステップアップも可能です。

 

メンタルケア心理専門士の試験を受けるには、メンタルケア心理士の資格が必要です。
他には臨床心理士、心理隣接研究の専攻科修士などがあれば受験資格を得られます。
もうひとつの手段として、通信講座で学び資格を取得すると言う方法もあります。
通信講座で学べれば、働きながら資格を取得する事もできますし、メンタルケア心理専門士として仕事をする事もできます。

 

↓↓↓初学者向けヒューマンアカデミーのメンタルケア心理専門士講座↓↓↓

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士総合講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケア心理専門士講座を追加したのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアトリプル講座

メンタルケアトリプル講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座とメンタルケア心理専門士講座を追加した講座です。

≫詳細ページ

↑↑↑無料でメンタルケア心理専門士の資料が手に入る↑↑↑

 

年に2回の試験期間がある

准メンタルケア心理専門士の試験は在宅で行いますが、メンタルケア心理専門士の試験は各地の試験会場で行います。
試験は学科と実技が時間をあけて年に2回実施されます。
1回目で学科に合格すると2回目の試験では学科が免除となりますので、実技から受験できます。
学科免除となれば受験料も割引になりますので、学科には合格しておきたいところです。
試験日も異なりますが、合格発表日も学科と実技では異なっていますので、受験科目毎に合格発表をチェックする事になります。
メンタルカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士と順番に目指す事もできます。