准メンタルケア心理専門士の難易度は?.

准メンタルケア心理専門士の難易度は、比較的優しいと言っていいでしょう。
合格率は平均でも約59パーセントとなっており、メンタル心理士よりも上位資格となるため、社会的地位も認められやすい傾向があります。
やはり准メンタルケアという通り比較的チャレンジしやすい資格のようです。

 

メンタル系の資格の中では上から2番目の資格となります。
最上級はメンタルケア心理専門士ですが、メンタル心理士より上の資格という事もあり、将来的にメンタルケア心理専門士を目指す場合は、メンタル心理士との勉強量に差がある事を考えると、前提として准メンタルケア心理専門士の資格を取得するメリットもあります。
ただし准メンタルケア心理専門士の資格を取得するには、一つしたとなるメンタルケア心理士の資格取得が条件となりますので、メンタルケア心理士の資格を先に取得します。

 

↓↓↓初学者向けヒューマンアカデミーの准メンタルケア心理専門士講座↓↓↓

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士総合講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケア心理専門士講座を追加したのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアトリプル講座

メンタルケアトリプル講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座とメンタルケア心理専門士講座を追加した講座です。

≫詳細ページ

↑↑↑無料で准メンタルケア心理専門士の資料が手に入る↑↑↑

 

准メンタルケア心理専門士の通信講座に関して

准メンタルケア心理専門士の資格を取得するには、メンタルケア心理士の資格以外にも、臨床心理士資格か、心理隣接研究の専攻科修士を修了している事でも受験資格が与えられます。
メンタル心理士とメンタルケア心理専門士の勉強量があまりにも違いすぎる事から、中間点となる准メンタルケア心理専門士が確立されましたが、確立されてからまだ日が浅く、通信講座がありません。
いずれ通信講座も登場すると思いますが、現在では通信講座がないため資格取得方法は限られてしまいます。
最終的にメンタルケア心理専門士を目指す場合、准メンタルケア心理専門士の資格を取得せずに、最初からメンタルケア心理専門士の試験を受ける事もできますので、ここは各自で自分に合っている方を選べます。

 

准メンタルケア心理専門士の試験は在宅試験となっていますから、仕事をしている人でも受験資格さえ得られれば受験できます。
試験は年に4回、5月、8月、10月、1月となっているので、勉強開始が少し遅れてもチャンスはあります。
学科が25問出題されますが、8割以上の正解か、受験者偏差値55以上が合格基準となっています。