メンタルケア心理士の難易度は?

メンタルケア心理士の難易度はそれほど高くはありません。
平均合格率は約40パーセントtと高く、しっかりとポイントを押さえた試験対策をしていれば問題なく合格ができます。

 

働きながらメンタルケア心理士の資格を取得するには、通学講座ではなく通信講座を利用するのがおすすめです。
通信講座でも認定講座を修了すれば資格取得のための受験資格が得られます。
教材はあらかじめ勉強したいコースや内容に合わせてすべて用意されていますし、学習もカリキュラムに沿って進めていけばいいから、仕事が終わり帰宅してからでも十分勉強時間が取れます。
メンタルケア心理士の資格を取得して、ステップアップを目指しましょう。

 

↓↓↓初学者向けヒューマンアカデミーのメンタルケア心理士講座↓↓↓

メンタルケア心理士講座

メンタルケア心理士講座教材

メンタルケア心理士講座(カウンセリング実技実践付)はメンタルケア心理士講座とカウンセリング実技実践プログラムのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアWライセンス講座

メンタルケアWライセンス講座教材

メンタルケアWライセンス講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座を追加したセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士総合講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケア心理専門士講座を追加したのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアトリプル講座

メンタルケアトリプル講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座とメンタルケア心理専門士講座を追加した講座です。

≫詳細ページ

↑↑↑無料でメンタルケア心理士の資料が手に入る↑↑↑

 

メンタルケア心理士の役目とは?

メンタルケア心理士になるためには幅広い知識が必要となりますが、心や体の事だけでなく、脳や神経の分野まで幅広く学びます。
メンタルケア心理士という仕事は医師でもなく、話を聞くだけのカウンセラーとは違います。
カウンセリングのスキル以外に、相談援助知識を持ち合わせているので、悩みを抱えている人の話を聞き、さらに援助する事ができます。

 

メンタルケア心理士になるためには、試験を受け合格しなければいけませんが、受験資格を得るにはいくつかの方法があります。
認定心理士の資格保有者、産業カウンセラー初級の資格保有者、文部省が決めた心理学部か心理学科のある4年制大学に通い卒業した者、協会が認めた指定教育機関でメンタルケア心理士講座の受講修了した者となっています。
つまり通信教育で学ぶ事もできますから、仕事をしながら資格を取得する事もできます。

ストレス社会と呼ばれる現在では、人に言えない心の悩みを抱えている人がたくさんいます。
心理的な事や精神面でのトラブルを抱えたとき、それを自己解決するのは非常に難しい事です。
心の病として捉えた時、精神科や心療内科にかかるのが一番いいのですが、人に知られるのが怖くて気軽に受診できないところも問題です。